ABOUT

Asian Consortium of Volcanology (ACV): Agenda and Objectives

Agenda of Asian Consortium of Volcanology

Objectives

Asia is one of the most populated areas both in human beings and volcanoes. We are always faced with violent volcanic disasters and it is necessary to coexist with volcanoes for our sustainable developments in Asian region. Therefore, we propose to establish "Asian Consortium of Volcanology" for the promotion in volcanology as well as the development of strategy for volcanic disaster prevention, through collaboration between volcanologists and authorities. ACV mainly focuses on the development and sharing the knowledge between young volcanologists.

Activities

Sharing the scientific and technological knowledge for volcanic disaster measures (collaboration with WOVOdat, G-EVER, etc.)

Annual workshop

Lectures and trainings for young scientists

  • Monitoring technique (Geophysical, Geochemical, Geological)
  • Geological data sampling
  • Data processing (seismic, GPS, gas, etc.)
  • Numerical simulations
  • Database management & Interpretations
  • Crisis administration
  • Socialization (for authorities & publics)

Proposals of international joint project

Participant organizations

  • Indonesia: CVGHM
  • Philippines: PHIVOLCS
  • Singapore: EOS
  • China: Heilongjiang Wudalianchi Volcanic Monitoring Observatory
  • South Korea: VDRPC(NDMI)
  • Taiwan:
  • Japan: Volcanological Society of Japan

Tentative plans

  • Kick-off meeting: Yogyakarta, Indonesia, Sep. 8, 2014 (During the WOVOdat meeting, on the day before COV8)
  • 1st workshop: Unzen, Japan, mid Nov. 2014
  • 2nd workshop: Tanbora, Indonesia, Apr. 2015

アジア火山学コンソーシアム

目的

アジアの火山学の発展のため、アジアの火山国の連携を深め、情報や知見の交換を行うためのコンソーシアムを設立する。 本コンソーシアムでは知見の共有・連携を通し、アジア地域の火山学の向上のための基盤とする。

体制

コア機関 :日本火山学会・インドネシア火山地質災害防災局(CVGHM)・ フィリピン地震火山研究所(PHIVOLCS)・シンガポール地球観測センター(EOS)

協力機関 :中国地震局(CEA)・台湾火山観測所(Sinica)・ 韓国火山災害対策研究センター(VDPRC)・米国地質調査所(USGS)

President :京大防災研 井口正人 (日本火山学会長) / Secretariat: 防災科研 藤田英輔

Executive committee member : I GUSTI MADE NANDAKA(CVGHM)・Renato Solidum(PHIVOLCS)・ Fidel Costa (EOS)・藤田英輔 (NIED)

背景

IAVCEI2013鹿児島大会において、世界中から1069名の参加者を得て活発な議論が行われた。 火山学の発展をさらに加速するため、特にアジア地域における火山学の向上を目的として、 IAVCEI2013のフォローアップを契機として事業を開始する。そのために、IACEI2013組織委員会より、 日本火山学会へ寄付された資金を有効活用する。

活動内容

アジア地域における教育的・学術的視点からの火山学の向上

活動的火山の比較研究

  • 推移予測のための観測技術(accumulation rate, volcanic gas, etc., seismic activity, etc.)に関する検討
  • 学生・大学院生のため講義・トレーニングの相互乗入(講師派遣・招聘等)
  • 共同研究プロジェクトの立案 等

ポイント

  • WOVOdat との連携:データベースの活用方法に関する議論
  • G-Everとの連携:ハザードに対する資産・知見の活用

これまでの経過と今後の活動

2014/6/25 : CVGHMとの事前協議(インドネシア国バンドン市)

  • 参加者:井口・藤田
  • インドネシアにおける火山学現状把握と要望調査

2014/8/27 : PHIVOLCSとの事前協議(フィリピン国マニラ市)

  • 参加者:井口・藤田・大倉(京大)・前田(名大)
  • フィリピンにおける火山学現状把握と要望調査

2014/9/8 : ACV Kickoff meeting (インドネシア国ジョグジャカルタ市)

  • MOU原案提示
  • ACV概要説明・意見交換

2015/2/4 : Core Member meeting (京都)

  • 参加各国のNational Reportと需要調査
  • President等決定、コンソーシアム運営具体プランの検討

2015/秋 : 第1回 field training camp (桜島)

Go to Top